お問い合わせ・ご予約

初診予約専用

050-7302-5624

再診予約・お問い合わせ

03-3401-3371

24時間メールお問合せ

メールお問合せ

目で見えない歯周ポケットの中の細菌はどのようにしてコントロールするのですか?

前回述べましたように、目で見えない歯周ポケットの中の細菌(歯肉縁下プラーク)は患者さん自身が歯ブラシなどで除去するのは困難です。このため、歯肉縁下プラークの除去は歯科医院で行うことになります。歯肉縁下プラークのコントロールは以下の二つに分けられます。

1.化学的方法によるもの

プラークが生きた細菌の集団であることを考えれば、細菌に対して有効性を示す抗菌剤(抗生物質)を歯周ポケットの中に入れればよいということになります。ただし、ポケットの中に注入された薬がそこに長く留 まり、ゆっくり放出される必要(徐放性)があります。このため、多くの研究者や企業が研究を重ね、現在では商品化され臨床に使われています。商品名はペリオクリンとペリオフィールです。この薬品を注射器のような先端の細い用具に入れ、歯周ポケットの中に押し込みます。押し込まれた薬剤が時間をかけて徐々に溶けだすことにより細菌をコトロールします。

2.機械的(物理的)方法によるもの

この方法は歯科医や歯科衛生士がスケーラーという歯石をとる道具を使って歯周ポケットの中のプラークを掻きだします。ただし、目で見えない深い歯周ポケットの中ではこれらの操作はかなりの熟練を要します。

これらの方法が成功すれば歯周炎はかなり改善されますが、その後は歯周ポ ケットを2ミリ以下にするための多くの処置を行うことになります。

 

野口俊英

PAGE TOP